入荷検品システム

ハンディターミナルの導入・解決事例をカテゴリー別にご紹介!

入荷検品システム

【小売業様】仕入処理のスピード化を図ることが出来ました!

導入前

発注業務、仕入業務が多いとある会社様では、株式会社応研様の「販売大臣NX」を使用して発注入力、仕入入力をしていました。
今まで「販売大臣NX」上で発注伝票を作成して、商品の入荷の際に仕入伝票へと転記して業務をしていましたが、担当者が一人しかいなかったため「時間をもう少し短縮できないか?」と、弊社にお問い合わせ頂きました。

導入検討課題

お客様は「販売大臣NX」を使用していますが、検討課題が何点か有りました。

  1. 発注伝票データをハンディターミナルに転送後、検品して販売大臣NXへ仕入伝票として出力する。
  2. 上記作業にて仕入出力後、発注残データとの連動を考える。(ODDS使用の際)

導入後

入荷検品システムで、仕入処理を効率的でスピーディに!

当システムを導入することによって、「作業の効率化を図ることができ、仕入処理が早くなった」とお喜びの声を頂きました。

[システム概要] [システム導入価格] [システム導入の流れ]

入荷検品システム

【小売業様】棚卸管理システムで棚卸業務の時間短縮に成功

導入前(Before)

商品アイテムが膨大にあり、今までエクセルで在庫管理をしていました。

「ハンディターミナルの導入は以前から考えていたが、自社になかなか合うのが見当たらない」
弥生販売と連動できるものが欲しい
「従業員が棚卸の時になると夜遅くまで働いているから何とかしたい」

など、エクセルでの在庫管理に限界を感じ、弊社の「在庫管理システム」を検討して頂きました。

導入後(After)

棚卸管理システムで、棚卸の時間を短縮!

棚卸管理システムは導入後すぐに使えますので、導入までの期間はさほどかかりませんでした。導入後の月末にハンディターミナル1台にて棚卸作業を行いましたが、今まで丸1日かかっていた作業が2時間程度で終わったので作業担当者は大いに喜んでいました。

システム構成

業務パッケージ弥生販売11プロフェッショナル
弊社システム棚卸管理システム
端末台数2台
導入期間約1ヶ月程度

[システム概要] [システム導入価格] [システム導入の流れ]

入荷検品システム

入出庫検品・発送検品

導入前状況

  • 事務所で『発送指示書』と『納品請求書』を印刷
  • 印刷したものを倉庫の担当者に渡し、目視チェックに頼った作業
  • 熟練した作業者は2人で、それ以外の作業者はパートタイマーのため、作業の精度がいまひとつ
  • 残業を行わなければいけない日がほとんどでかなりの時間を費やしている

導入前問題点

  • 入出庫した情報が的確に把握できず、業務担当者しか分からない状況
  • 誰が入出庫業務に携わったかも分からない状況
  • 入出庫状況の確認の対応に業務担当が追われてしまう状況で本来業務が滞る
  • 目視のチェックなのでピッキングミスが多く、客先のクレーム返品が後を絶たない
  • 送り状の付け間違いによる配送ミスがあり、客先からの信用が損なわれた

弥生ハンディシステムの概要

「入庫」
入荷予定リストをもとにハンディターミナルで仕入先・発注番号・商品コード・数量情報を取得。

「出庫」
出荷指示リストをもとにハンディターミナルで客先コード・受注番号・商品コード・数量情報を取得。現在の予定差も把握できるしくみ。

弥生ハンディの概要

導入効果

  • 発送ミスが無くなった
  • ピッキングミスが無くなった
  • 担当業務に専念できるようになった
  • 残業時間が激減した

[システム概要] [システム導入価格] [システム導入の流れ]