操作方法について

弊社のハンディターミナルの場合、厳密にはハンディターミナル端末からのエクスポート処理は行いません。
ご使用の販売管理ソフトからインポート処理を実行します。
お使いのハンディターミナルを専用の台座にセットし、使用ソフト側からインポート処理を行ってください。

すでにハンディターミナルシステムを導入いただいているお客様は、下記よりご相談ください。

株式会社アプリップリ/サポート専用窓口0948-52-3777

ハンディターミナルシステムは大幅改修のため、現在ご提供を見合わせております。
導入をご検討中のみなさまには大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

ハンディターミナルシステムは大幅改修のため、現在ご提供を見合わせております。
導入をご検討中のみなさまには大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

ハンディターミナルは、登録されていない品番は読み取れません。
予めシステムへの品番登録(商品マスター登録)をお願いいたします。
その後、ハンディターミナルへのデータインポートをしてから、棚卸作業や検品作業を行ってください。

販売管理ソフトが稼動しているパソコンと台座が、ケーブルで接続されているかご確認ください。
ハンディターミナルが、しっかり台座にセットされているかの確認も併せてお願いいたします。

お手数ですが、間違えてしまった場合は手作業で修正を行ってください。
対象となるデータは、販売管理ソフト側で編集することができます。

ハンディターミナルのピッキング情報は、上書きしたデータ優先となります。
(例)
ピッキング作業中に、処理済の商品が3個出てきた…
一回目の入力数…5個

二回目の入力数…8個
もしくは、一回目のピッキングデータを呼び出して8個に訂正する。

出荷検品システム

ラベルプリンタ(別売)を利用することで、バーコードラベルを作成して在庫管理用に使うことができます。