在庫管理について

JANコードとは、いわゆるバーコードと呼ばれるものです。
13桁の数字からなるタイプが主流で、世に流通する商品に印刷されています。
JANコードには、その商品の名前や品番、価格などが記録されています。
このJANコードをハンディターミナルで読み取ることで、棚卸作業や検品作業を行うことができます。

弊社にはタグ・バーコード・ラベル発行管理ができるシステムもございます。

入荷検品は、仕入先へ発注した商品が届いた際に行う作業です。

基本的には、受け取った納品書を基に、商品、数量、傷などがないか、納期が間違えていないかなどを確認します。

業務ソフトを利用している方は、仕入先からの納品書および入荷検品結果を基に、仕入伝票を登録する場合が多いです。入出荷検品作業でお悩みの方は、お問い合わせください。

入荷検品システム概要
入荷検品導入事例

発注した商品が正常に届いているかを確認するためです。

もし、発注数量と入荷数量が異なったまま業務を行った場合、在庫数に差が生じ、顧客からのクレームの発生にもなりかねません。そういったリスク回避のためにも、入荷検品を行います。

入荷検品を全て手作業で行うことは、かなり負担になります。
そこで、弊社では入荷検品システムをお勧めしております。

入荷検品(仕入検品)でお悩みの方は、是非一度お問合せください。

顧客からの受注商品を出荷する際に行う作業です。

基本的には、受注処理を行った後、「出荷指示書」を基に、商品、数量、納期、納品先などを確認し、納品物を梱包します。会社によっては、この出荷検品作業で2重チェックを行い、正確な商品発送に努めている場合もあります。

業務ソフトを利用している方は、顧客からの受注処理および売上処理を行い、納品書を発行する場合が多いです。入出荷検品作業でお悩みの方は、是非一度お問い合わせください。

出荷検品システム

顧客が注文した商品を、納期通り正確に出荷するためです。
もし、発送する商品を間違えた場合、顧客に迷惑をかけてしまい、クレームの発生になりかねません。そうなれば、信頼も損ねてしまいます。そういったリスク回避のためにも、出荷検品に力を入れる企業が多数ございます。

出荷検品を全て手作業で行うことは、かなり負担になります。
そこで、弊社では出荷検品システムをお勧めしております。

出荷検品でお悩みの方は、是非一度お問い合わせ下さい。

会社で所有している商品の正確な在庫数を定期的に確認します。

在庫数によっては、棚卸作業に数日間費やすところもあります。実施頻度も商品回転率や在庫数によって、年に1回との頃もあれば、1ヶ月に1回行うところもあります。
データ上の商品数(帳簿在庫数)と実際の商品数(実地在庫数)に差異が生じていないかを確認したり、長期間保有している商品の劣化・陳腐化がないかを調べます。

棚卸管理による在庫管理は会社経営の基本になる作業のひとつです。

棚卸作業でお悩みの方は、是非一度お問い合わせください。

棚卸管理システム

棚卸管理システムを導入いただいたお客様の声を紹介。

お客様の声

在庫を把握するための棚卸作業は時間がかかる大変な作業ではありますが、商品は現金のように容易に管理することはできません。破損や盗難によるロスが発生したり、粉飾決算に利用されたり、という問題が起こりがちです。

商品は会社の資産です。正確な利益の算出や企業の問題点を把握するためにも、在庫を保有する企業には在庫管理(棚卸作業)が必要不可欠なのです。

棚卸作業を全て手作業で行うことは、かなり負担になります。
そこで弊社では、ソフトと連動した棚卸管理システムをお勧めしております。

ご興味がございましたら、是非一度お問い合わせください。

棚卸管理・入出荷検品とは